個人再生にはいくらかの不都合があります。一番

個人再生にはいくらかの不都合があります。



一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多かったなんて事例もあるのです。

しかも、この手段は手続き期間が長くなってしまうため、減額適用となるまでに長い時間を要することがたくさんあります。

債務整理を悪い弁護士に依頼してしまうと最悪な事態になるので注意を要します。インターネットの口コミなどで良識のある弁護士に頼むようにしないと法外な手数料を巻き上げられてしまったりするので用心したほうがいいでしょう。

細心の注意を払う必要がありますね。
借金を解決するための債務整理は専業主婦でも選べます。

もちろん、内々に手順をふむこともできますが、金額によっては家の者に相談した方がいいです。専業主婦でも支払いの目途が立たなければ、弁護士にアドバイスをもらってどうにでもできます。
任意整理を行ったとしても、デメリットなんてあまりないと思われる方もいると思いますが、実際にはしっかりとあるのを承知していますでしょうか。

それは官報に載るということです。



簡単に言うと、他人に知られてしまう可能性も十分にあるということです。それが任意整理の一番大きなデメリットということかもしれません。任意で借金を整理すると連帯保証人に迷惑がかかってしまうという真実をわかっているでしょうか。
自分が支払わなくても済むという事は連帯保証人が肩代わりして支払うという事になるのです。ですから、それを十分胸に刻んで任意整理をしていくべきだと考えますね。



任意整理の後、任意整理の話し合いをした業者からお金を借りることは不可能になります。

ただ、任意整理後、色々なところで借りた借入金を返してなくなったら、約5年から10年経てば、信用情報機関に登録されたデータが消滅しますので、それから先は借り入れが可能になります。借入の整理と一言で言っても多くの種類があるものです。



個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返却を求めるなど多彩です。


どれも性質が異なるので私にはどの選択がベストなのかということは専門家に相談して決心するのがいいと思われます。

債務整理した後に住宅ローンを申請するとどうなるかということですが、利用することはできません。
債務整理をした場合には、数年間が経過するまでは、お金をどこに行っても借りられなくなり、信用情報に載ってしまうことになります。
それなりの時間をおいてみましょう。


借金を繰り返してしまって任意整理をしなければならなくなった場合、また、新たに借金をしようとしたり、カードを作りたいと思っても、信用機関にその情報が残るため、審査を通ることは出来ず、当分の間はそのような行為をできないということになるのです。


借金をすることがクセになってしまっている方には、かなりの厳しい生活となるでしょう。



私はお金を借りたことで差し押さえのされそうになったので財務整理をする事を決心しました。債務整理をしてみれば借金がとても少なくなりますし、差し押さえを免除される事になるからです。

家から近くの弁護士事務所で相談にのって頂きました。


家族のような気持ちになって相談に乗ってもらいました。